ピンクゼリーの正しい使い方について

ピンクゼリーの正しい使い方をマスターしましょう!

女の子の産み分けに大活躍のピンクゼリーですが、初めてピンクゼリー使う時は分からない事や疑問点も多いですよね?

 

ピンクゼリーは女の子の産み分けを経験していないと、日常生活では全く関わることのないアイテムですもんね。

 

ですが、ピンクゼリーは間違った使い方をするとせっかくの効果を得られないことも・・

 

そこで、このページではピンクゼリーの正しい使い方について詳しく紹介しようと思います。

 

ピンクゼリーの使い方について

ピンクゼリーを使った事がない方は、初めてピンクゼリーを使う時にとまどってしまうこともあるかもしれません。私も初めてピンクゼリーを使う時は少しドキドキしたのを覚えています。

 

ただ、ピンクゼリーの使い方はそんなにむつかしいものではないので安心して下さいね。

 

ピンクゼリーは使い捨てタイプ入れ替えタイプの2種類がありますので、それぞれの使い方についてみていくことにしましょう。

 

使い捨てタイプの使い方

まずは使い捨てタイプの使い方を見ていくことにしましょう。

 

ピンクゼリー 包装

 

使い捨てタイプのピンクゼリーは、ひとつひとつ包装されていますので中身を取り出します。


ピンクゼリー キャップ

次に先端のキャップを引き抜きます。

 

少し硬いので、キャップを折るようなイメージで抜くと簡単にはずすことができます。


ピンクゼリー 挿入

容器を持ったら先端を5cm〜8cmほど膣内に挿入します。

 

この時体をリラックスさせた状態でおこなうとスムーズに挿入出来るとおもいます。


ピンクゼリー 注入

先端を挿入したら、ピストンを押してゼリーを注入します。


ピンクゼリー 引き抜く

ゼリーを出し終わったら、こぼれないようにゆっくりと容器を抜きます。


 

これで使い捨てタイプのピンクゼリー使い方は以上です。見て頂いたとおり、使い捨てタイプのピンクゼリーはとても簡単に使うことができます。

ちなみに使い捨てタイプのピンクゼリーの中では、ジュンビーピンクゼリーが特におススメです。こちらでジュンビーピンクゼリーについて詳しく紹介していますので興味のある方はご覧下さい。

 

⇒ジュンビーピンクゼリーの5つのおすすめポイント!

 

使い捨てタイプの注意点

ピンクゼリーを使ったあとは、のんびりせずに射精を行うことが大切です。ただし、1時間程度は影響が残るのでそこまで焦る必要はありません。

 

使い捨てタイプのピンクゼリーは一回の適量が決まっているため、かならず使い切るようにしましょう。

 

また、ゼリーを注入したあとに、急に容器を引き抜くとゼリーがこぼれてしまうことがあります。容器を抜く時はゆっくりと抜くように注意しましょう。

 

入れ替えタイプの使い方

こちらの入れ替えタイプのピンクゼリーは、クリニックなどで処方されるものですね。

 

使い切りタイプとはかなり使い方が違いますのが、さっそく入れ替えタイプの使い方を見ていくことにしましょう。

 

ゼリーを湯煎する

湯煎

入れ替えタイプの場合、ゼリーは常温で固まっているので湯煎してゼリーを溶かします。

 

沸騰したお湯などで溶かさずに、お風呂のお湯位の温度でとかしましょう。この温度で約5分でゼリーが溶けます。


 

シリンジ(注射器)にゼリーを入れる

ピンクゼリー 引き抜く

溶けたゼリーをシリンジで吸い上げます。

 

量は3cc〜4ccです。


 

膣内にゼリーを挿入する

膣の奥にゼリーを挿入する。この後、5分待ってからセックスを行います。ゼリーがこぼれてしまわないように、腰を高くしてじっとしていると良いでしょう。

 

この後、シリンジを煮沸消毒などで清潔にしておくことも大切です。

 

これで、入れ替えタイプのピンクゼリーの使い方は以上です。

 

入れ替えタイプの注意点

早くゼリーを溶かそうと、熱湯を使うとやけどしてしまうので注意しましょう。

 

残ったゼリーは常温で保存しておきましょう。

 

使い切りタイプ・入れ替えタイプ共に間違った使い方をすると効果を得ることがむつかしくなるので、ピンクゼリーは必ず正しい使い方をしましょうね。

 

使い捨てタイプと入れ替えタイプどっちがおすすめ?

ピンクゼリーは使い捨てタイプ、入れ替えタイプの中身のゼリーに関してはそれほど違いがありません。そのため、どちらを選んでも良いと思います。

 

ただ、上記で見て頂いたとおり、使い切りタイプのピンクゼリーに比べて、入れ替えタイプの商品手間がかかってしまうんですよね。また、シリンジの中身を詰め替えて膣内に何度も使用するのに私は少し抵抗を感じてしまいます。

 

それから、今からパパと仲良ししようとしている時に、ゼリーを湯煎して、シリンジに詰め替えてなんてやってるとせっかくの雰囲気も台無しになっちゃいますよね。

 

そのため、私は手軽に使える使い捨てタイプのピンクゼリーをおすすめします。

 

ピンクゼリーを使う時に意識したいこと

ピンクゼリーを使う時に、他の産み分け方法などを併用することで確率を上げることができます。あなたも取り組んでいると思います。

 

特に、

  • ピンクゼリーを使うタイミング
  • 避妊

この2つについては意識しておくことが大切です。

 

ピンクゼリーを使うタイミング

女の子を希望する場合には、排卵日の2〜3日前のセックスが重要となります。

 

そのため、ピンクゼリーを使うタイミングはこの時なのですが、排卵日を特定するのは簡単ではありません。

 

毎日基礎体温などのチェックを欠かさないようにして、排卵のサインを見逃さないようにしましょうね。

 

ピンクゼリーを使ったあとは避妊を!

無事に排卵日2〜3日前にピンクゼリーを使うことができたら、次に大事なのは避妊です。

 

この避妊についてはあまり重要視していない方もいますが、排卵日周辺は男の子が生まれるY精子優位の状況でセックスをおこなうことになってしまいます。

 

これを避けるためにも、ピンクゼリーを使ったあとは避妊についての意識を持つようにしましょう。

 

ピンクゼリーを正しく使って楽しい妊活ライフを!

ここまでピンクゼリーの正しい使い方について説明してきましたがいかがでしたか?

 

ピンクゼリーは正しい使い方をすることによって、最大限の効果を得ることができます。ですので、ピンクゼリーを使う時は、あせらずに丁寧に使用するようにしましょう。