産み分けと食事の関係について

産み分けと食事の関係について

サラダ

「男の子を産み分けたい場合、ママは野菜を食べて体の中をアルカリ性に保つといい」

 

こんな話聞いたことありませんか?

 

実際にパパとママの食生活によって、生まれてくる子供の性別が決まることがあるのでしょうか?

 

産み分けと食事の関係について、詳しく見ていくことにしましょう。

 

産み分けと食事内容はあまり関係ない?

リンカル

結論から言うと、現在は産み分けと食事の内容にはほとんど関係がないと言われています。

 

産み分けには体内のpH値(酸性・アルカリ性)が関係しているため、昔は食事によって体内のpH値を変化させれば希望の性別の赤ちゃんを授かることができるのではないかと考えられていました。

 

そのため、女の子を産みたい場合は女性は肉や魚(酸性)を食べ男性は野菜(アルカリ性)を食べる。男の子を産みたい場合は、女性は野菜を食べ、男性が肉や魚を食べると良いといった意見もあったんですね。

補足:
赤ちゃんの性別は、精子のもつ染色体の種類によって決まります。女の子が生まれるX染色体を含むX精子と、男の子が生まれるY染色体を含むY精子の2種類の精子のどちらが受精するかで赤ちゃんの性別が決まります。このX精子とY精子にはそれぞれ得意・不得意なpH値があり、体内(膣内)のpH値をコントロールすることで産み分けの確率を高めることが出来るという理論があります。

 

ですが、女性の膣内は基本的に酸性に保たれており、食事内容によって簡単にアルカリ性に傾くものではありません。膣が酸性に保たれているのは、病原菌や細菌の進入を防ぐためですので、食事内容によってすぐに膣内がアルカリ性に傾いてしまうと女性は簡単に病気になってしまいます。

 

また、X精子とY精子は男性の体内で基本的に同数ずつ作られています。食事内容によってこの数が変化するという研究データは今のところありません。

 

ですが、食事は絶対に産み分けと関係しないとも言い切れない事例もあるんですよね。

 

男の子の産み分けに使われるリンカルについて

リンカル

画像参考:産み分けネット

 

リンカルとは、先天性異常を予防するために作られた栄養補助食品です。このリンカルには、微量の鉄分や、カルシウム、リンが含まれており、特別な成分は特に含まれておりません。

 

このリンカルを、無脳児を出産したことのある妊婦さんに妊娠時に与えたところ、リンカルを飲んだ妊婦さんから産まれた赤ちゃんが全員男の子だったという事例があります。そのため、国内では男の子の産み分けを希望する場合、リンカルを服用することが一般的になりつつありますね。

 

リンカルに興味のある方は、産み分けネットで詳しく紹介されているので参考にしてみてくださいね。

 

このことから、妊活時に妊婦さんが摂取する成分によっては、食事の内容が産み分けに関係するかもしれないと考えられるようになりました。ただし、リンカルのどの成分が産み分けに効果があったのかということは、現在の研究ではまだ分からないんですね。

 

これが解明されると、産み分けと食事の内容には大きな関係があるという結論に変わるかもしれませんね。

 

正しい食生活で妊娠力UP!

健康的な食事

現在は産み分けと食事の内容には関連性が薄いといわれていますが、妊娠するためには健康的な食生活について考えることはとても大切です。

 

妊娠しやすい体作りのために意識したい栄養素は、亜鉛やビタミンEが挙げられます。

 

亜鉛について

亜鉛は男性が積極的に摂取することで、男性ホルモンの合成を促し、その結果精子の製造がスムーズに行われるようになります。

 

牡蠣

亜鉛を多く含む食材には、

  • 牡蠣
  • 牛肉
  • ナッツ類

などがあります。

 

ビタミンEについて

ビタミンEは生殖機能を向上させる働きがあるため、男性女性どちらにも嬉しい栄養素といえます。また、ビタミンEには血行促進作用もあるので、女性の冷え性にも効果があります。

 

ご存知のとおり、冷えは妊娠を阻害する要因のひとつですので、冷え性に悩んでいる妊活中の女性はビタミンEを積極的に摂ることを意識すると良いですね。

 

アボガド

ビタミンEを多く含む食材には、

  • アボガド
  • うなぎ
  • ほうれん草
  • かぼちゃ

などがあります。

 

健康的な食生活で妊娠しやすい体作り

サラダ

産み分けと食事の関係については今のところ明らかになっておりません。

 

そのため、現状では産み分けのために食事内容をあれこれ考えても意味がないんですね。

 

ただし、妊娠するためには健康的な食生活はとても大事ですので、産み分けをお考えの方はこちらを意識して生活にとりいれてみましょう。