精子と性別の関係について

産み分けには精子の理解が不可欠!X精子とY精子の特徴を知ろう

「子供を産むなら女の子がいい!」

 

「一人目が男の子だったから、次は女の子が欲しい…」

 

など、これから生まれてくる我が子の性別のことを考える人は多いと思います。

 

このように、産み分けを希望する人にとって不可欠なのが、X精子やY精子といった精子の知識です。

 

では、なぜ精子の種類が産み分けに大切なのか、それぞれどんな特徴を持っているのか…詳しくチェックしていきましょう。

 

X精子とY精子が産み分けに重要な理由とは?

精子

人の体には染色体というものが存在しています。染色体とは体の中にある最小単位の細胞のことです。

 

染色体は全部で46本存在していて、このうちの2本が“性染色体”と呼ばれます。性別を分ける役割を持った染色体で、女性には“XX染色体”、男性には“XY染色体(X染色体とY染色体)”が存在しています。

 

精子にもこの性染色体が存在しており、X精子かY精子、どちらの染色体を持った精子が卵子に受精するかで生まれてくる赤ちゃんの性別は違ってきます。

 

X精子とY精子の違いとは?

Xの染色体を持つ“X精子”と、Yの染色体を持つ“Y精子”、それぞれどんな違いがあるのか、特徴をまとめてみました。

 

X精子の特徴

  • 酸性の環境に強い
  • 量が少なくなる
  • 質量が重い
  • 運動能力が低い
  • 寿命は2〜3日
  • 受精してできた胎児は女の子になる

 

女の子が欲しい時は、このX精子を受精させるようにコントロールするのがポイントです。活発に動く精子ではなく、精子中の量自体も少ないですが、寿命が長く酸性の環境にも強いため、卵子までたどり着きやすい精子とも言えます。

 

Y精子の特徴

  • アルカリ性の環境に強い
  • 量が多くなる
  • 質量が軽い
  • 運動能力が高い
  • 寿命は1日
  • 熱に弱い
  • 受精してできた胎児は男の子になる

 

男の子が欲しい時には、Y精子をうまく受精させることがポイント。量もX精子の約2倍と言われるほど多く、活発に動くため、卵子まで到達する勢いはX精子よりも上です。

 

ただし、膣内の酸性の環境に弱いため減りやすいという特徴も。寿命が短いため、受精させるタイミングが重要な精子でもあります。

 

※酸性・アルカリ性とは…物質が溶けている水の性質のことです。これらの度合いを示した数値を“ph値(ペーハー値)”といいます。通常膣内のph値は酸性です。

 

※精子の運動能力とは…簡単に言うと、精子の動く度合いを表す言葉です。卵子へ泳ぐスピードにもかかわります。必要な運動能力は40%ほどが目安と言われていますが、加齢や生活習慣の乱れによりこの数値は徐々に下がってしまう傾向があります。

 

Y精子はなんで多くなるの?

なんで?

産み分けについて調べていると、男の子が生まれるY精子は、X精子のおよそ2倍の量があるという情報を目にすることがあります。

 

ですが、これは半分正解で半分不正解。

 

精子は通常X精子とY精子がほぼ同数ずつ作られています。精子は精巣で作られて、精管や精巣上体といった精子の貯蔵庫にたまっていきます。この精子の貯蔵庫がいっぱいになると、精子の生産がストップします。

 

これ以降は、射精がおこなわれるまで精子が製造されません。ただし、寿命によって死んでしまった精子の補充は行われます。この時に補充されるのがY精子のみなんですね。そのため、射精がおこなわれずに精子がたまっていると、Y精子の数がドンドン増えてしまうのですね。

 

これは、Y精子の寿命が短いため、優先的にY精子が生産されると考えられています。男の子を産みたい場合は有利な状況となりますが、ピンクゼリーを使用して女の子を産みたいという場合には、精子をためすぎると不利な状況となってしまいますので注意しましょう。

 

具体的な産み分けのポイント

産み分けを成功させるためには、X精子とY精子をコントロールし、排卵日にうまく受精させることがポイントです。

 

それぞれの精子の特徴を踏まえた効果的な産み分け方法を知っておきましょう。

 

産み分けゼリーの使用

産み分けゼリーは、膣内のpH値をコントロールするために使用する産み分けグッズです。

 

受精すると女の子となるX精子は、酸性が得意でアルカリ性が苦手という特徴を持ちますので、ピンクゼリーを使用することでX精子に優位な状況を作ることができます。そのため、女の子を希望する場合はピンクゼリーを使用して産み分けするのが一般的です。

 

また、男の子を希望する場合には、グリーンゼリーを使用します。グリーンゼリーは、ピンクゼリーとは反対アルカリ性のゼリーで、膣内の環境を中性に傾ける目的で使用します。

 

性交のタイミング

性交するタイミングは産み分けをする際に非常に大切になってきます。X精子の寿命は2〜3日、Y精子の寿命は1日です。妊娠する排卵日の2〜3日前に性交すれば、排卵日までにY精子は減り、X精子が残って受精しやすくなります。

 

つまり女の子ができやすくなる、ということですね。排卵日当日に性交すれば、運動能力の低いX精子よりY精子が受精しやすくなり、男の子ができやすくなります。

 

性交前後は避妊する

タイミングを見て性交を行ったあとは避妊をしましょう。女の子が欲しくて排卵日の2日前に性交をしても、それ以降でした性交でY精子が優位になってしまう可能性があるからです。

 

反対に男の子が欲しくて排卵日に性交をしても、その前にした性交でX精子が優位になってしまう可能性もあります。ただ子供を授かりたいだけであれば問題ありませんが、産み分けをする場合は妊娠の確率を高めたい日以外は避妊をするようにしましょう。

 

性交の内容を意識する

膣内の環境は基本的に酸性です。そのままの状態ならY精子は活動しづらく、X精子の方が活動しやすい環境となります。

 

ただし、女性がオーガズムを感じた場合、アルカリ性の粘液が分泌されるため、膣内の酸性は和らぎます。

 

その結果、Y精子も受精しやすい環境となります。絶対ではありませんが、女の子が欲しい場合はあっさりめの性交を、男の子が欲しい時は女性が気持ちいいと感じる性交を心がけると、理論上産み分けは成功しやすくなります。

 

X精子とY精子の違いを知って効率的な産み分けを

X精子とY精子、どちらが受精するかで、生まれてくる赤ちゃんの性別は変わってきます。

 

X精子なら女の子、Y精子なら男の子、そしてそれぞれをうまく受精させるためにはX精子とY精子の違いを知り、性交のタイミングや質を考えることが重要です。また妊娠しやすくするためにも、男性と女性それぞれが生活環境や習慣を見直すことが大切になってきます。

 

産み分けをすること自体が妊娠の確率を下げることになりますから、健康な卵子や精子を育て、妊娠しやすくする体質をつくっていきましょう。