女の子の産み分けには酢やライムで膣内を酸性に?

酢やライム洗浄で膣内を酸性に!?これって有効?効果あるの?

lime

女の子の産み分けを行うときに有効なのが、膣内を酸性に保つということです。

 

現在では膣内を酸性に保つために、ピンクゼリーを使用するという方法が一般的になっています。しかし、昔はピンクゼリーがなかったため、膣内を酸性に保つために色々な方法が試されました。

 

その中の方法として酢洗浄・ライム洗浄というものがありました。今でもピンクゼリーと併用して、酢洗浄やライム洗浄を行っている方もいますよね。

 

では、この酢洗浄・ライム洗浄は産み分けには有効なのでしょうか?このページで詳しく解説しようと思います。

 

そのpH値でほんとうにX精子も生きていますか?

精子

結論から言うと、酢洗浄・ライム洗浄はほとんど効果がないばかりか、体に負担をかけ妊娠自体を阻害してしまうことに繋がりかねないものです。

 

ですので、安易にこの方法にチャレンジするのはおすすめできません。産婦人科の先生に相談しても必ず止められるでしょう。

 

では、どこに問題があるのでしょうか?

 

酢洗浄・ライム洗浄の考え方

ライム洗浄

酢洗浄・ライム洗浄の考え方

 

女の子を産むにはX精子を受精することが必要
→X精子は酸性に比較的強く、Y精子は酸性に弱い
→だから、酢やライムで膣内環境を酸性に保とう

 

これが、酢洗浄やライム洗浄で女の子を授かるための考え方ですが、ここまでは理論的には正しく見えますよね?

では、何が問題なのかというと、そもそも膣内が酸性に傾き過ぎるとX精子も生きていることはできないということです。精子が全滅してしまいます。

 

また、これを避けるために水で薄めすぎると全く効果は得られません。このpH調整はとても難しいものです。

 

ピンクゼリーは当然最適なpH値を保つようにできていますが、お酢やライムはどうでしょう?

  • 最適なpH値を保てていますか?
  • 酸性に傾きすぎて、X精子も死んでいませんか?
  • 体にダメージはありませんか?
  • 水で薄めすぎて効果がないことはありませんか?

 

ここを考えてみるだけでも、酢洗浄・ライム洗浄にチャレンジする意味がないことに気がつくのではないでしょうか?

 

pH値とは?
pH値とは、物質の酸性・アルカリ性を表わすための数値です。正確な言い方をすると、溶液の水素イオン濃度を示す指標です。

 

pH値は0から14までの値で示され、

  • 7が中性
  • 7より数字が下がると酸性
  • 7より数字が上がるとアルカリ性

となっています。

酢洗浄・ライム洗浄って誰が言い始めたの?

ニューヨーク

そもそもこの女性器の洗浄については、ニューヨークの産婦人科医シュトルズが提唱した産み分け方法によって広まったものです。

 

シュトルズの提唱した産み分け方法は、現在の産み分け理論の元となるもので、これによって産み分けには排卵のタイミングや、膣内の酸性度が重要だということが知られ始めました。

 

この時にDr.シュトルズは、女の子を産むためには膣内環境を酸性に保つために、セックス前にビデを使うことを推奨していたんですね。

 

女性の膣内環境は通常酸性に保たれていますが、排卵日が近づくとアルカリ性の粘液が分泌され膣内の環境が中性に傾くことがあります。このアルカリ性の粘液をビデ(水)をつかって洗い流してからセックスを行うというのが、Dr.シュトルズの元々の理論です。

 

ですが、いつの間にか日本では酢洗浄やライム洗浄といった、行き過ぎた方法が行われるようになりましたが、酢洗浄・ライム洗浄に科学的な根拠は一切ありません。

 

酢洗浄・ライム洗浄の問題点

では、酢洗浄・ライム洗浄の問題点について詳しく見てみることにしましょう。

  • 科学的な根拠がない
  • 最適なpH値の調整が困難
  • 精子を全滅させる恐れがある
  • 薄めすぎると効果がない
  • ゼリー状ではないので、アルカリ性の径管粘液の分泌を防ぐ事ができない
  • 安全性に問題がある

問題点はこれだけありますが、メリットは奇跡的に上手くpH値の調整ができた時にピンクゼリーと同じ効果を得られるかも?ということしかありません。

 

ちょっとリスクを冒してチャレンジするには気が引けてしまいませんか?

 

なお、酢洗浄・ライム洗浄をピンクゼリーと併用することによって、せっかく適正に保たれているピンクゼリーのpH値が酢やライムの影響で変化してしまいます。そのため、ピンクゼリーとの併用は控えるようにしましょう。

 

産み分けに酢洗浄・ライム洗浄は必要なし!

あなたもご存知の通り、妊娠というのはとてもデリケートなものです。なにより、妊娠するためには健康的な生活健康な体が必要ですが、酢洗浄・ライム洗浄によってこれらの健康に悪影響を与えてしまうことがあります。

 

現状ではピンクゼリーというアイテムがありますので、安全性が低く効果が見込めない酢洗浄・ライム洗浄は必要ありません。

 

妊活・産み分けというのは人生の一大イベントですので、気分が高揚してしまうこともありますよね?

 

ですが、その産み分け方法は理論的に正しいのか、体に負担はないのかを冷静に考えてみるようにしましょうね。